軸流ファン製造の工夫

軸流ファンとは送風機の事を言います。様々な羽の形があり、色々な送風機に利用されています。この羽の形によっても様々な工夫がされており、製造工程において綿密に計算されています。この軸流ファンはプロペラの様な形の羽を持っており、軸の方向に風を送るものになっています。工事現場などでも使用されその用途も様々です。高温の場所や低温の場所など、それぞれに合った製造により作られた軸流ファンは色々なところで使用され、活躍しています。大型のものは高温エリアでの排気や換気や乾燥の為など、それぞれ大きさによっても使用される場所が違いますし、計算されて製造されています。種類も大小様々あり、細かく設計されているので是非用途に合ったものを選びましょう。また材質もアルミやステンレス、合成樹脂など色々あり使用する場所によって異なるので購入する際はしっかり検討しましょう。

軸流ファンは用途向けで製造に用いられる材料が違う

オフィスビルの空調から、トンネルや鉱山の給気や排気に役立てられている存在が軸流ファンです。これらは殆どのタイプが電気で作動する様に製造されています。そして各用途向けに幾多もの種類があります。例えば一般的な空調用では比較的小柄のサイズで軽量タイプとなり、メンテナンス作業などが行い易いタイプである場合が多々あります。また地上の建物だけでなく、海上を航行する船舶などの船内で活用される軸流ファンでも、見受けられるタイプになります。一方、一般的な空調とは違う環境で使用する軸流ファンもあり、例えば熱風や何らかのガスを含んだ空気の給気や排気に対応しているタイプもあります。このタイプでは一般空調用とは違い、腐食による劣化を防ぐ材質が用いられて製造される場合もあるなど、製品自体に耐性が備わっているタイプがあります。

耐蝕性能を付与されて製造された軸流ファンの役割り

あらゆる仕事の現場の空調関連で用いられることが多い軸流ファンには、それぞれのタイプで特徴がありますので、その設置現場と対象物によって合致するタイプを導入することが求められます。その対象物とは排気や給気で取り扱う空気のことであり、製造工場などでは単なる空気ではなく、薬品が混ざった空気やガス関連の気体である場合もあります。その空調を行う軸流ファンでは、それらの薬品による腐食を避けなければなりませんので、それに対応したタイプを導入することが望ましいことになります。その腐食に耐性を持たせて製造された軸流ファンは、薬品類に対して耐久力を持つことになりますので、その他にも塗装現場の空調用と致しましても役立てられる場合があります。更に、薬品類以外の粉塵などを空調する場合でも、耐蝕性能の高い軸流ファンが役立てられます。

ターボファンLSKは、空調機用両側吸込式ターボファンで活躍しています。 クーリングタワー用ファン用送風機で使われています。 長年蓄積されたノウハウを生かし、熟練工が製造にあたり、送風機メーカー、熱交換器メーカーとして多大なるご信頼を頂きました。 電車の場合は、東武スカイツリーライン(地下鉄日比谷線・半蔵門線直通):越谷または新越谷です。 軸流ファンの製造なら三上鉄工にお任せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)